健康とはなんぞや? 身近な街の薬局講座

Story no.1

漢方の世界へようこそ!

2014.6.12

漢方の世界へようこそ!第一回は漢方と現代医学の違いからご説明しましょう。
漢方と現代医学の違いとは、現代の医学が「診察」→「病名の決定」→「治療」となるのに対し、漢方では「証の決定」に全力を注ぐという点にあります。

つまり「証の決定」イコール「治療」となり、「病名」と言う概念はありません。例えば、漢方的には「風」という考えはなく、その症状により、「葛根湯の証」や「桂技湯の証」などがあるだけです。

では、「証の決定」とはなんでしょう?まず、「証」とはその時のその人の「食欲・発汗・排便・睡眠・性格・むくみ・冷え・のぼせ」等の状態で、それらを「漢方的なモノサシ」で総合的判断することを言います。
漢方の世界では同じような症状でも「その証」により服用する漢方は千差万別なのです。症状に合わせてオーダーメイドで原因を取り除いて改善してくれる。それが漢方です。

さて皆さん、漢方の奥の深さ少しはわかっていただけたでしょうか?
まだわからない!という方は第二回をお楽しみに!!

服用はお腹の空いている時に。
漢方薬は食事してから2時間後から食事する1時間前に飲むようにしてください。
通常、午前10時・午後3時・就寝前の1日3回服用することをお勧めいたします。

1
大貫 充隆・柳子

PROFILE

大貫 充隆・柳子(おおぬきみつたか・りゅうこ)
矢板に薬局を開局して私で三代目。現在研究会に所属して漢方3千年の歴史を探索中。妻はダイエットカウンセラーとしてリバウンドしにくい綺麗な痩せ型を指導しています。

このページのトップへ